けっこういい加減な日々

以前竹ビーズで作ったモノの原型

以前、竹ビーズで多面体を作って遊んだのだが、そのうちのトゲトゲしたやつ(正二十面体のそれぞれの面に正四面体の突起がついたもの)の原型になったユニット折り紙を久しぶりに作ったのでちょこっと紹介。

中学生の時に覚えて高校生の時に友人に布教した・w・



一辺15cmの折紙から、辺の比が1:√3の長方形の紙を2枚作る。で、この紙1枚で1個のユニットになるのだが、それを30個作り、それを組み立てるとこうなる。すべての面が正三角形という美しい立体なわけでございます。ユニットの個数を変えればいろんな形を作れるのだが、ワタクシはこれが一番好きなのだな。(突起で隠れてる本来の正二十面体の面もすべて正三角形なので、どこをどう見ても正三角形ばかりというところが美しいので大好きw)
ちなみに先日のビーズの謎オブジェは右下のちっこいやつ。

で、これのユニットの折り方がなかなか思い出せなくて苦労した。体で中途半端に覚えてた折り方は完全に間違ってた。思い出したきっかけは三平方の定理だったという。w。
  1. 雑記
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

  1. 2017/06/11(日) 23:22:15 |
  2. URL |
  3. 未姫
  4. [ 編集 ]
すごーい!
きれいですねぇ^^

作品として全然いけますね^^

  1. 2017/06/18(日) 00:07:46 |
  2. URL |
  3. けっこういい加減な人
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます^^

”ユニット折り紙”で画像検索すると(海外のも含めて)凄いのがいっぱい出てきます
ユニットにも色んな形があり、出来上がりに多少の違いが出てきます
あとは紙の柄とか色の組み合わせなどでもいろいろ雰囲気が違ってきて面白いですよ^^

 管理者にだけ表示を許可する